千葉茂樹:福島第一原発事故に伴う放射性物質による汚染に関する論文

「放射能・放射線と震災・復興に関する情報」 に戻る

福島第一原発事故、福島2018年の現状 (Geologoj Demokratiaj 地学団体研究会機関誌 そくほう、2011/8、2012/3/4/5/7/9/12、2013/1、2015/5)
福島県の放射性汚染土壌ーとくに黒い物質ーの野外の産状について (+諏訪兼位・鈴木和博:名古屋大学加速器質量分析計業績報告書 2013年3月)
福島原発大事故に伴う福島県の放射性物質汚染―汚染地域の住民から見た汚染の実態― (日本地質学会 2013年7月)
福島第一原発事故に伴う放射性物質による汚染 ―2013年の福島県の状況― (+諏訪兼位・鈴木和博:名古屋大学加速器質量分析計業績報告書 2014年3月)
同 (カラー版、45MB)
福島県の放射性汚染土壌─とくに黒い物質─の鉱物組成と放射性Csの存在状態 (+鈴木和博・片岡達也・諏訪兼位:名古屋大学加速器質量分析計業績報告書 2014年3月)
福島第一原発事故に伴う放射性物質による汚染 ―2014年の福島県の状況― (+諏訪兼位・鈴木和博:名古屋大学加速器質量分析計業績報告書 2015年3月)
福島第一原発事故、住民からの報告 (エネルギー・資源 2015年11月)
福島第一原発事故に伴う放射性物質による汚染 ―2015年の福島県の状況― (+諏訪兼位・鈴木和博:名古屋大学加速器質量分析計業績報告書 2016年3月)
福島第一原発事故に伴う放射性物質による汚染 ―2016年の福島県の状況― (+諏訪兼位・鈴木和博:名古屋大学加速器質量分析計業績報告書 2017年3月)
福島第一原発事故、除染の効果とその問題点 (名古屋大学加速器質量分析計業績報告書 2017年3月)
福島第一原発事故に伴う放射性物質による汚染 ―2017年の福島県の状況 (本宮市・蓬田岳)― (+諏訪兼位・鈴木和博:名古屋大学年代測定研究 2018年3月)
福島第一原発事故、2017年、福島市渡利・小倉寺の里山の汚染の実態 (名古屋大学年代測定研究 2018年3月)
福島第一原発事故に伴う放射性物質による汚染 ―2018年の福島県の状況 (本宮市・蓬田岳)― (+諏訪兼位・鈴木和博:名古屋大学年代測定研究 2019年3月)
福島第一原発事故による福島県の汚染の実態、2018年 ―高松山 (福島市)・芝山 (いわき市・古殿町・平田村)― (名古屋大学年代測定研究 2019年3月)
福島第一原発事故、福島2018年の現状 (Geologoj Demokratiaj 地学団体研究会機関誌 そくほう、2019年7月1日)

Home page に戻る